工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/04/06 工事ブログ工事あれこれ

木製サッシ

こんにちは、施工管理部の澤田です。

今回は少し特殊な窓をご紹介したいと思います。

ずばり木製サッシ!

当社の駒沢展示場にも使用しておりますが、デザイン性、断熱性能、ともにとても優れております。

よく間違われる事がありますが、一般的なアルミサッシに木製の窓枠を取付けているのではありません。

通常アルミで作られている部分(ガラスを固定している部分)が木で作られているのです。

木はアルミに比べて熱伝導率が低い(熱を通しにくい)ため、結露が起こりにくいというメリットがあります。

北欧の国や北海道など寒冷地域で多く使用されるものなので、ガラスも三重になっており、非常に断熱性能に優れております。

そして何よりカッコイイです!

お決まりの流れとなってきましたが、カッコイイものは施工が難しい!(笑)

まずとても重い。マッチョな大工さんが三人掛かりで運びました。(笑)

そして防水処理。壁とサッシの間から雨水が入らないように取り付けには細心の注意を払います。

一般的なアルミサッシは防水処理が容易な形状をしているのですが、木ではそのような形状をつくることができません。そのため、現場でしっかり処理する必要があります。

写真は取り付け直後です、壁との隙間がまだ見えますね。

隙間を埋めつつ、雨水が下へ流れるように施工していきます。

完成後も数年毎に定期的にお手入れ(塗装)する必要があるのですが、木の風合いが変化していくので、愛着をもって使用していただけると嬉しいです。