工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/04/12 工事ブログ工事あれこれ

注文住宅ができるまで ~土台編~

こんにちは。

先日の記事で基礎が完成しましたが、今回からいよいよ大工さんが現場に入ります。

当社は様々な工法で家を建てていますが、今回は2×4(ツーバイフォー)工法の住宅の土台です。

2×4工法を簡単に説明すると、大きな積み木です。

1階の床 → 1階の壁 → 2階の床 → 2階の壁 → 屋根 というように下から順番に積み重ねて作っていきます。その為、下の床が水平にできていないと上に乗る建物全体が傾いてしまいます。

写真はそんな水平精度の命「土台」です。

これに床板を貼ると1階の床になります。

写真で奥に四角い穴が開いているのは、お風呂が入る予定の場所です。

ここまでの作業を大工さんは1日(天候によっては2日)で終わらせてしまいます。

この作業で重要なのが、アンカーボルト。

基礎工事の時にあらかじめコンクリートに埋め込んでおき、基礎と土台をしっかり固定するための材料です。

阪神大震災では、基礎の上から建物がずれ落ちるという倒壊現場が相次いだ為、現在は法律でアンカーボルトの設置が義務になっています。

こちらは基礎工事編でも載せた写真ですが、上に立っている棒がアンカーボルトです。

このように土台に穴をあけてアンカーボルトを通し、上から大きいナットで固定します。

建築学生必見。ここ、テストに出ます!

(元建築学生の証言)