工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/04/27 工事ブログ工事あれこれ

注文住宅ができるまで ~屋根編~

こんにちは。

建て方工事も終盤です。

今回は屋根。

切妻(きりつま)屋根の天井裏です。

下から順に組み上げていき最後に野地板を貼ると、大まかな骨組みは完成です。

外から見るとこのようになっており、屋根の勾配が急な場合は写真のように足場を組みます。

一部屋根が四角く切り取られているのはトップライトが入る予定です。

ここからは屋根屋さんのお仕事です。

ルーフィングといって、黒い防水紙を貼った上から屋根葺材(屋根の仕上げ)を並べていくと皆さまも見慣れた屋根になります。

※別現場の写真の為、足場がありません。

こちらは庇(ひさし)ですが、板金で周囲を収めて屋根が完成した状態です。

ここまで出来てしまえば屋内に雨が入ることはありません。

内部で作業する大工さんも安心です。

このあたりで建て方から造作の大工さんに仕事が引き継がれます。

明確な線引きはありませんし、同じ大工さんで続けて造作まで出来る方もいますが、建て方大工さん、ありがとうございました!