工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/05/11 工事ブログ工事あれこれ

注文住宅ができるまで ~外壁編~

こんにちは。

屋根に続き今回は壁です。

木造の建物にとって雨は厄介なもので、雨が内部に入らないようになるまでは室内の仕上げ作業が落ち着いて出来ません。その為、手際よく確実に外回りの防水処理を進める必要があります。

そんな防水の要。建物を雨漏りから守る外壁業者さんの仕事をご紹介致します。

建て方が完了した直後の外壁面です。

そこに透湿防水紙という紙を貼ります。

(読んで字の如く、湿気は通して水は通さない特殊な紙です。)

紙を貼る順序や継ぎ方、水道管などの貫通部。

あらゆる部分から雨水が侵入することを想定し、紙より内側に水を入れないように処理していきます。

弊社は外壁の仕上げを塗壁とする現場が多くなっております。

先ほどの紙の上にラスと呼ばれる金網を貼り、ラスに絡めるようにしてモルタルを塗り付けていきます。

写真はモルタルの下塗りが完了した状態です。さらに中塗り、上塗りと重ねてから、最後に仕上げ用の材料を塗っていきます。

完成した外壁は左官職人さんの腕が光る塗壁となりますが、実はその下層も職人さんの技術の結晶なのです。