工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/02/23 工事ブログ工事あれこれ

注文住宅ができるまで ~基礎工事編~

初めての家づくり。知らないことや不安なことがたくさんありますよね。

そこで本日より新築住宅ができるまでと題し、家を建てる為に必要な工事について、実際の現場の様子を交えながらご紹介していきたいと思います。工事のことを知った上で現場にお越しいただくと、家づくりがさらに楽しめると思いますので、ぜひ読んでみてください。

第1回目は基礎工事について。

基礎は、建物の地面に接している部分で、これから建てられる建物の重さをすべて支える重要な工事になります。

最近の住宅では、木造でも基礎は鉄筋コンクリートで作られるのが一般的です。

地面を掘り、半分ほど埋めるようなかたちでコンクリートを作るのですが、強度を高めるため、コンクリートの中に鉄製の骨組みを入れます。これが鉄筋になります。この鉄筋とコンクリートを組み合わせて、強度を高めた素材が「鉄筋コンクリート」です。

写真は鉄筋を組む作業が完了した状態です。ここにコンクリートを流し込んで、固まると基礎になります。

今回の現場は深基礎といって、通常より基礎を深く作る部分があります。傾斜地に建築計画する時などは、このような形状になることがあります。

写真は、下半分だけ鉄筋コンクリートが完成した状態です。鉄筋は、コンクリートを流し込むと見えなくなってしまうので、形状や寸法など何度も確認します。

基礎は建物が完成するとほとんど見えなくなってしまう部分ですが、基礎に不備があると他の工事にも影響を及ぼします。よい家を作るためにはとても大切な工事です。職人さんと協力し、見えないところほど正確に施工することを日々心掛けております。