工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/03/01 工事ブログ工事あれこれ

鉄骨手摺

皆さんは手摺のデザインを意識して見たことはありますでしょうか。

じつは、手摺はとてもデザインの幅が広いです。そして空間の雰囲気をつくる大きな要素となるので、設計の先生も手摺のデザインにはこだわる方が多いです。

その分、工事は緊張します。笑

今回は最近お引渡しした現場の、鉄骨で作られた手摺についてご紹介いたします。

直径32ミリの鉄パイプで作られた手摺です。太さは標準的ですが、木より強度がある分、少ないパーツで作ることが可能です。さらに黒く塗装することで、より細く見えます。

吹き抜けの効果もあって、とてもシャープでありながら広々とした空間になりました。

個人的に大好きなデザインです。

鉄骨の手摺は工場で作ってから現場に運び入れるため、あらかじめぴったりのサイズとデザインを指示しなければいけません。現場で調整することは難しいので、事前に業者の方と綿密に打ち合わせをする必要があります。

多くの職人さんの仕事と絡むため、工程の管理が難しく、万が一失敗してしまうと他の職人さんの仕事も止めてしまうので、現場監督としては緊張する工程です。

その分、きれいに取り付けられた時の達成感も大きいです!