工事ブログ

CONSTRUCTUON

2018/03/08 工事ブログ工事あれこれ

注文住宅ができるまで ~基礎工事・続編~

本日は注文住宅ができるまで ~基礎工事~続編です。

鉄筋を組んだら、そこに固まる前のコンクリート(生コン)をポンプ車からホースで流し込みます。

生コンを流し込んだら、すかさず職人さんが表面を平らにします。

写真は平らにした直後の状態。

これだけの面積を手作業でほぼ水平にしてしまう職人さんの技術にはいつも脱帽です。見えなくなってしまうのがもったいない!(笑)

さらに固まったコンクリートの上にもう一段枠を組み、再度生コンを流し込みます。基礎は主に建物の壁を乗せるので、壁と同じ位置に台を作るための作業です。

なぜこのような形にするかというと、一階の床下に空間を作り通気することで、木造の建物を腐食から守るためです。

枠を外して完成した基礎。

とてもきれいに仕上げて頂きました。

この後は大工さんにバトンタッチとなります。

この上に建物を作っていくので、もうすぐ見えなくなってしまう貴重な光景です。

基礎工事の職人さんはまさに縁の下の力持ち。正確に作られた基礎が静かに大工さんの到着を待つ、この光景がどこか愛おしい澤田でした。