基礎工事
白沼建基 白沼健太さん

Interview

白沼健太
Q. 仕事内容を教えてください
基礎屋です。在来住宅の建方の時は鳶も行いますが、最近は少ないです。
鳶のときなんか昔は「お頭」って呼ばれたりもしてましたけど、最近は「基礎屋さん」ですね。
Q. どうして今のお仕事をすることになったのか、きっかけなどありましたら教えてください
親父の仕事を継ぎました。稼業を継ぐことに何も疑問はありませんでした。
Q. 仕事をしていてうれしかったエピソードなどがありましたら教えてください
基礎がうまく完成した時です。高基礎や、複雑な形の基礎が上手く打ちあがったときは安心します。
最初に現場に入って、他の業者に引き継ぐ流れになるので、後に仕事する職人に何も文句を言われないことが一番うれしいです。
Q. 仕事をする上で大切にしていることやポリシーなどはありますか?
天端の水平の精度には気を使います。
ツーバイフォー住宅は土台の精度が建物の出来栄えに大きく影響するので、とくに気を使うようにしています。
Q. 他の会社とOne's Life ホームの仕事との違いがありましたら教えてください
複雑な形の基礎が多いです。部屋によって高さを変えるようなことは他社ではあまりやらないです。基本的に基礎の材料は鉄筋とコンクリートで、どこの会社でも共通なので、同じように仕事します。
Q. One's Life ホームの好きなところはどこですか?
他の業者と仲良くて、仕事がしやすいです。基礎屋はとくに設備屋さんと連携できると仕事がしやすいです。
白沼健太